BIO / CELLO
ENGLISH | FRENCH | DEUTSCH | JAPANESE | CHINESE
カミーユ・トマ

フランス/ベルギー出身の若きチェロ奏者カミーユ・トマは、2014年、フランスのグラミー賞に当たるヴィクトワール・ド・ラ・ミュジークにて、最も将来性のある器楽独奏者に贈られる「新人賞」にノミネートされた。ベルギー・フランス語放送RTBFのラジオ局Musiq'3よりベルギー代表に選出され、欧州放送連合コンクールで第1位を獲得、「新人賞2014」にもノミネートされている。

屈指のコンサートホールから招かれてきたトマは、これまでシンフォニア・ヴァルソヴィア、南西ドイツ放送交響楽団、スロヴァキア放送交響楽団、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団、ブルターニュ管弦楽団、ブリュッセル・フィルハーモニック、ギャルド・レピュブリケーヌ管弦楽団、ラムルー管弦楽団、ラ・ボール・アンサンブル管弦楽団、国際連合管弦楽団、ベルリン・ユース・シンフォニー等、数々のオーケストラと共演。

ソリストとしての活動はもとより、室内楽にも情熱を注いでいる。2011年・2012年、小澤征爾スイス国際音楽アカデミーの受講生に選ばれた。2010年には、ADAMI(フランス音楽・芸術家著作権協会)の「クラシック新人賞」にノミネートされている。ブルースタイン=ブランシェ財団およびナテクシス・バンク・ポピュレール財団の奨学生。

2015年、日仏共同テレビ局ARTEのローランド・ビリャソンの番組「明日のスター(Stars von Morgen)」に招かれ、出演。

パリでマルセル・バルドン、フィリップ・ミュレールに師事。ベルリンのハンス・アイスラー音楽大学のシュテファン・フォルクとフランス・ヘルメルソンのもとで研鑽を積んだのち、ヴァイマール音楽大学にてウォルフガング・エマヌエル・シュミットに師事した。

使用楽器は、ベルナール・マグレ(Bernard Magrez)氏より貸与されたフェルディナンド ・ ガリヤーノ作の名器「シャトー・パップ・クレマン」(1788年製)。